とぶクルマの雑学ブログ

様々な雑学を皆さんにお届けしています。時には【ザックリ】と、時には【ジックリ】とご紹介しています。お暇な時暇つぶしとして、エンターテイメントをお楽しみください!YouTubeのチャンネルもよろしくね!

映画よりも過酷!世界最高峰のエベレストに秘められた雑学 2021年最新版【ざっくり解説】

スポンサーリンク

f:id:perilla008:20210411175913j:plain

みなさんはエベレストのことを知っていますか?

 

チョモランマで世界一高い山でしょ?

映画でみたことあるけど、実のところよく知らない・・・

 

今でこそ存在知られているエベレストですが、意外とエベレスト自体についてはは知らない人大半です

そんなあなたもこの記事を見れば、エベレスト通して世界の広さ実感できることでしょう!

身長は低いけど志はエベレストよりも高い僕が、要点をまとめて分かりやすくご紹介します

 

エベレストの基本情報

f:id:perilla008:20210411180050j:plain

ネパールと中国の間に広がるヒマラヤ山脈に、エベレストはあります

標高8,848mで、世界最高峰認定されています

 

登山者年々増えていて、2019年では800人以上にまでになる人気の山です 

エベレストは毎年標高が4mm高くなる

f:id:perilla008:20210411180034j:plain

インド半島プレート動くことで、毎年エベレスト付近の地表盛り上がっています

 

更には山頂の位置3〜6mmの速さで北東移動していることがわかっています

 

ただ、山頂では風化激しい為に、高くなっても削られてしまうので、8,848m以上高くなることないという説もあります 

エベレストの頂上では水が71℃で沸騰する

f:id:perilla008:20210411180155j:plain

エベレスト標高高く頂上では630hPa(ヘクトパスカル)になります

地上では約1000hPaなので、5分の3ほどになります

 

ポテトチップスのパンパンになったり、空気薄く酸素不足になる恐れがあります 

入山料に1万1,000ドル(約110万円)かかる

f:id:perilla008:20210411180250j:plain

山に入るための入山料というものがあり、今では富士山にも採用されています

 

その入山料110万円ほどで、この金額に加えて必須でシェルパ(簡単に言えば登山を補助してくれる人)の代金、装備品代金、保険料も必要になります

そのため、総額では最低でも700万円以上になるとも言われています

 

生死に関わるため、あらゆる費用を安く抑えることが出来ないようです 

エベレストには「Rainbow Valley(虹の谷)」と呼ばれる場所がある

f:id:perilla008:20210411180318j:plain

エベレスト数多くの人が訪れ、その中にも有名な場所があります

それが「Rainbow Valley(虹の谷)」です

 

名前とは裏腹に、虹の谷痛々しく残酷な場所となっています

その理由が、虹の谷回収することが出来ない亡くなった人たちの衣服」等がカラフルに散りばめられているからです

 

これは遺体の回収困難であることと、危険地帯知らせる道標ともなるため、そのままにされているそうです

 

ゴミが多いでの見間違う可能性もありますし、悲惨な現場画像に収めて公開する人ほとんどいません

そのためか、画像は殆ど見つかりません 

エベレストには別名が「チョモランマ」と「サガルマータ」の2つある

f:id:perilla008:20210411180427j:plain

エベレストは「チョモランマ」という別名も有名です

これはチベット語(中国地方)で「大地の母神(世界の母神という説もあり)」という意味です

 

では、「サガルマータ」とはなんでしょうか?

これはネパール語で「世界の頂上」という意味です 

エベレストの頂上は5G回線がつながる

f:id:perilla008:20210411180457j:plain

意外なことに、エベレストの頂上では5G回線繋がってTwitterなどを呟けます

登頂した人画像などTwitterアップすることが流行っているようです

ちなみに今では、登山ルートの中に3G回線繋がる場所もあるようです 

エベレストは世界で最も崇高な山!

f:id:perilla008:20210411180520j:plain

エベレストの雑学まだまだあります

他の記事で「」についても合わせて紹介しています

へぇ〜」と思うような雑学から登山必須の知識なんかもあります

 

今回の記事エベレスト興味持ってもらえる嬉しいです

エベレストは流石に・・・」と思う人も、身近にある小さな山登りでもして、清々しい気持ち一度体験してみてはいかがでしょうか?

 

この記事が皆さんの人生に役立てれば幸いです
Twitterでは記事の更新などをつぶやいています
良ければフォローもお願いします!


スポンサーリンク