とぶクルマの雑学ブログ

様々な雑学を皆さんにお届けしています。時には【ザックリ】と、時には【ジックリ】とご紹介しています。お暇な時暇つぶしとして、エンターテイメントをお楽しみください!YouTubeのチャンネルもよろしくね!

それは一般名詞?知られていない商標名 第三段【ざっくり解説】

スポンサーリンク

f:id:perilla008:20210505232217j:plain

皆さんは「商標(しょうひょう)」を知っていますか?

登録された名前やロゴを、他の人が勝手に使うことが出来ないようにする権利のことです

 

楽天のロゴを使えるのは楽天だけ!楽天モヴァ〜イル!

 

こういったものが”商標”と言います

 

ところで、みなさんがよく聞く”フリーダイヤル”

これって、実は商標登録されたものだって知っていましたか?

 

よく耳にする名前が、実は商標登録されたものだった、ということはよくあります

今回は、そんな名前の雑学を、補足を交えながら【ザックリ】とご紹介します

 

フリーダイヤル

f:id:perilla008:20210505232313j:plain

一般名詞では”着信課金電話番号(ちゃくしんかきんでんわばんごう)”と言います

 

1989年にNTTコミュニケーションズによって登録された商標です

他の会社も同様のサービスがあります

ICSジャパンのフリーライン、KDDIのフリーコール、ソフトバンクのフリーコールスーパー、NTTドコモのフリーナンバーなど・・・日本ではこういったラインナップです

同じサービスが海外にもあります

 

フリーダイヤルは、会社やホテルなどNTTコミュニケーションズ契約出来ます

契約をすると専用の番号をもらい、その番号にかかってきた時に着信(受話)した側が電話料金を支払うシステムです

 

ジャパネットたかた”は、送料・金利手数料に加えて電話代負担して、その上もう一点オマケが付いてきます

すごい太っ腹です

 

参照元

Wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/着信課金電話番号

NTTコミュニケーションズhttps://www.ntt.com/business/services/voice-video/freedial-navidial/freedial.html?_ga=2.50991594.27117402.1620120665-1406138478.1620120665

タバスコ

f:id:perilla008:20210505232418j:plain

よくレストランなどで見かけるタバスコは、実は商標登録されたものなんです

一般名称としては”辛味調味料”の”チリペッパーソース”で、アメリカのマキルヘニーが”タバスコ”の名前を商標登録しました

今も商標権が残っています

 

日本では”タバスコ”という名前が一般的に広まったのか?

 

個人的な推測ですが、日本では多くの調味料原材料名で呼ばれます

わさび・カラシ・ラジバンダリ

塩・こしょう・ラジバンダリ

こういったことから、日本ではタバスコの名前一般名詞として使われたんだと思います

 

参照元

タバスコクラブ(http://tabasco-club.seesaa.net

アース国際特許商標事務所(https://www.shouhyou.com/faq.html

宅急便

f:id:perilla008:20210505232456j:plain

これもよく間違えてしまうものです

宅急便”という名前は”ヤマトホールディングス”の登録商標です

 

なので、ヤマト以外の配送業者では”宅配便(たくはいびん)”という名前が使われます

 

宅急便”は「ヤマト運輸の宅配便」のことを指します

なので、「宅急便で送るよ〜」って言ったら、ヤマト運輸の宅配サービス使うことを指します

 

有名な話で、ジブリの「魔女の宅急便」ってありますよね?

なぜタイトルに”宅急便”使えるのか?

というと、ヤマト運輸スポンサー契約をしたから使えたんです

 

この経緯が面白くて、スポンサー契約をしたから”宅急便”の名前が使えるのではなくて、”宅急便”の名前を使っちゃって揉めたからスポンサーになったんです

揉めてもメリットが無いと思ったんでしょう

スポンサー契約をしたことで、CMのタイアップなどでお互いに協力関係になりました

 

ちなみに映画をもとにした登録商標は、スタジオジブリが取得しています

 

参照元

日本物流開発株式会社(http://honsya.jl-d.jp/article/13266905.html

スタジオジブリwikihttps://studioghibli.fandom.com/ja/wiki/宅急便

UFOキャッチャー

f:id:perilla008:20210505232550j:plain

ゲームセンターの入り口で見かける、ぬいぐるみとかフィギアとかを取ろうとするあのゲームです

あれは「セ〜ガ〜♪」の株式会社セガが持っている登録商標で、一般的名称では”プライズゲーム”と言います

どちらかというと、”クレーンゲーム”のほうがしっくり来るかも知れません

 

このUFOキャッチャー世代があって、大小合わせて全部で27機も開発されています

 

クレーンゲームの歴史が面白くて、古くは1965年のタイトーが「クラウン602」発売していたり、同じ年セガからは「スキルディガ」が、発売されてます

1930年には、手動でハンドルを回すタイプのものも既に登場していたようです

 

参照元

Wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/UFOキャッチャー

一般社団法人 日本クレーンゲーム協会(http://kuretatsu.com/c-history.html

まとめ

今回は4つだけ紹介しましたが、他にもよく耳にする意外な商標名たくさんあります

普通に使用する上では問題ないかもしれませんが、仕事や公の場で使用する場合は、思わぬ問題に発展することもありますので気をつけてください

<関連記事> 


この記事が皆さんの人生に役立てれば幸いです
Twitterでは記事の更新などをつぶやいています
良ければフォローもお願いします!


スポンサーリンク